リビア出身。幼少の頃にイタリアへ移住し、青年になると医師を目指していた時期もあったが、将来について悩んでいたある日、友人のリュックサックから皮革のサンダルが落っこちたのだと言う。

イタリアで30年以上靴を作り続け、直営店での販売を大切に、海外進出は避けてきた。ローマのスペイン広場にある本店では、インスタレーションの様に数々の靴がディスプレーされている。朝早い時間から閉店するまで、ひっきりなしにファッショナブルな女性達が靴を買い求めにやってくる。店の2階にあるVIP顧客の為のラウンジでは、靴もさることながら、そのインテリアへの拘りとセンスに圧倒される。

 

このマエストロは確実にビジネスオーナーとして、そしてクリエーターとしても強烈なオーラを放っているが、この度初の海外進出においては極めて謙虚であり、その真摯な仕事振りには日本のユーザーを想う一個人の優しさと純粋さが感じられる。

Herzel was born in Libya, came to Italy when he was very young, and he started studying medicine, then one day he run for random thoughts of what his future may be, a leather sandal has fallen down from the backpack of a friend.

He became very much involved in manufacture of shoe making and art of artisanal work that he decided to open a factory in the center of old Trastevere, where he used to make leather sandals, which were all hand-weaved and painted. In 1976 he opened the first flagship on via Sistina in Rome. Today his boutiques are conceptual exhibition spaces, where art, architecture and fashion meets through an exciting contamination as his wide range of interests from interior design to the visual arts, from the cinema to the photography.

   Herzel 

De Bach   

copyright © CASA 66 2021
all rights reserved.​