​彼女が展開するのは、手作業ならでは風合いと独特な配色が美しい、他では決して手に入れる事ができないニットウエアー。イタリアにおいても特別なオートクチュールの為に製造されているリネアピュの糸で編まれているが、彼女がセレクトする色と様々な質感の糸の組み合わせは更に目を引く。肌にしっとり優しく馴染む糸をベースに、煌びやかなゴールドやラメ、あるいはリボンがミックスされた糸などが編み込まれていく。


彼女のコレクションはスタイルにおいても従来の「ニット」の概念を完全に覆す。シグニチャー・アイティムには、南仏の海岸を彷彿とさせるキャンディーカラーのビキニやショーツ、羽織の様なカーディガン、ホルターネックのトップス、大判のストール等が挙げられる。冬になると、大きめの襟やフディーがついたボリューム感たっぷりのカーディガンやダルマシアンの様なロング丈のコートも登場する。

 

質感、配色やスタイルはコンテンポラリーでありながら、不思議とどこかノスタルジックな香りもする。

少女だった頃の暖かい記憶・・・ハンガリー人のおばあちゃんが冬になるといつも作ってくれた手編みのセーターが大きく影響しているらしい。

Adrienne Schäffer : A Hungarian designer based in Rome whose elegant interpretations on classic knitwear draw inspiration from the most graceful eras of haute couture, from cosmopolitan Paris of the 1920s to the Dolce Vita Rome of the 1960s.
Schäffer’s approach, rooted in history and tradition, seamlessly weaves her classical sensibility into boldly contemporary, yet meticulously crafted pieces — each of which is richly distinctive and unique. Exclusive, alta moda knitwear hand-made in Italy, with the highest quality Italian yarns.

One-of-a-kind pieces created from sensuous fabrics and daring patterns that drape and flatter a woman’s shape, confirming that knitwear can be both sexy and sophisticated.
For summer: Seductive Côte Azure-inspired knit bikinis and hot pants, kimono-influenced cardigans, and beachwear tank tops.

For winter : Moving dramatically beyond traditional knits, 21st century fabrics in innovative designs and keep you warm in the chilly months.

 Adrienne

Schäffer